お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ 先憂後楽
寺田  淳です。

 

最近、ブログやコラムで
話題に採り上げている「家」に関してですが
相続対策の一手として、
最近注目されているものがあります。

一戸建てが前提ですが、
自宅の一部を賃貸物件として改装して
賃貸併用住宅に建替えるというものです。

すると 相続時には
賃貸部分の床面積に応じて
一定の面積まで土地の評価額を50%減額できるのです。

自己資金が無くても
アパートローンの利用が可能で
残債で相続財産を減らすことも出来ます。

自己年金=自己資金の確保の面でも有効 な方法で
収入の減額分を賃貸収入で補うことになるのです。

但し、
あくまでも入居者有っての話 です。
建築費・改装費は当然普通の住宅よりは割高ですし、
場合によっては
一定期間借家住まいを覚悟しなくてはいけません。

金利の上昇や、家賃の見込み違い(下落等)等
当然リスクも発生します。

立地に関しても重要です。
都市近郊というよりも 都心であること、
継続的な入居者が見込まれるエリアでないと
賃貸物件の維持は厳しいでしょう。

とはいえ、条件に当てはまる物件をお持ちの方は
一考の価値はあるのではないでしょうか?

 

この件について
詳しくお知りになりたい場合は
お気軽に連絡下さい。

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。
また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)