お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です。

 

今回から、
またいつものジャンルに戻ります。
改めて、高齢社会の現状や課題について
解説を始めていきたいと思います。

さて、現在
65歳以上で一人暮らしの方の人数は、
2010年時点では479万1千人でした。

内訳は、
男性が138万6千人、
女性は340万5千人で
男性は女性の40%程度でした。

しかし
男性の未婚率が 2010年で20,1%となり
5人に1人は結婚しないという結果が出ています。
私も、この1人の範疇です・・・

現在の30代でも
前半世代は約50%
後半世代でも35%以上が未婚となっています。

未婚の理由は、さておき、
こうなると近い将来に
男性の高齢者の一人暮らしが 問題となってきます。

女性の場合、
単身、一人暮らしと言っても
夫に先立たれても子供がいる場合が多く
身寄りがないケースは男性に比べ少ないようです。

男性の場合は、
約50%は子供のいない単身者でした。
また、私の範疇です・・・

この場合の将来の問題点としては
近所付き合いの欠如が挙げられます。

高齢男性の17%
近所付き合いは ほぼ皆無と答えていました。

日常会話にしても
ほぼ無いと、
1週間に1回程度を
合計すると、11,3%だそうです。

身近に頼れる人はいるか?
これに対しては
20%がいないとの答えでした。

イメージとしては
自宅にこもり、
世俗との接触を避け、
孤高の人生を生きる
でしょうか?

人間は、
体を動かさないと体力は一気に 弱体化します。

楽をすればするほど、
体は弱るのです。

外に出て、
人と話をして、
買い物をする。

これだけでも
身支度や気配り等が必要です、。
だから、心身にはいい刺激になるのです。

図書館へ定期的に出向く。
外食に出る。
ホームセンター等をブラつく。

これだけで変わるのです。

さらに、
外に出れば、なんやかんやで お金を使います。

誰憚る事ない自分のお金で
自分の為に楽しみましょう。

子供たちに残してあげたい気持ちもわかりますが
自分の寿命を削るまでの事ではないはずです。

新しい上着一枚、
自分ではよくわからない。
ならば、店員さんに尋ねればいいのです。

スーパ―の食品売り場が広すぎて
どこに何があるかわからない。
だから、結局いつものものしか買わない。
ならば、どんどん聞きましょう。

動くことで、
自分の好みを手に入れる事になり
さらに他人との会話や世間の情報に接触できます。

なまじ健康な男性高齢者ほど
こもりがちだそうです。

貴方は、どうでしょうか?

逆に 病気を持つ方は
通院、治療等で「半強制的に」外界に出ます・・・

私事ですが、
私は、「一病息災」の典型でして
親不知、帯状疱疹、鼻炎、捻挫、結膜炎、
季節毎に、異なるメニューの疾病を
体験してきています。

おかげさまで、大病や致命傷はなく
ブツブツ言いながら、治療や通院を
続けています。
(今現在は、骨盤矯正に励んでいます。)

ですから、
外出ついでに
書店や、衣料品店、趣味の店等
ついつい、足を延ばして
予定外の出費を重ねてます。

何を言いたいかと
言いますと、

外に繋がれば、
万が一の場合の早期発見にも繋がります。

まずは、
自分から動く。
社会に接触を図る事。
一人暮らしのポイントは ここから始まります。

 

この件について、
詳しくお知りになりたい場合は
お気軽に連絡下さい。

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。
また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)