お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です。

 

今回は、シニア世代の今について、
明るい話題を書いてみました。

相続や贈与など、
残される側への準備ばかりが
シニア世代の全てではありません。

今や、日本経済復活のカギを握るのは
シニア世代の「消費」だそうです。

 

2012年9月28日の 日経新聞朝刊の記事に
このような記事が出ていました。

2011年のセブンイレブンの調査では
50歳以上の来店客比率は31%
40歳以上では48%
29歳以下は33%で20代とほぼ同じ。

冷蔵和菓子の購入者の40%が50代以上
前年比200%で推移。

ネット通販 ヤフーの6月の売上高の
50代以上の占める割合は 14,5%
20代は14,2%でほぼ拮抗状態。

セントラルスポーツの
2012年3月期の フィットネス会員数に占める
60代以上だけでも33%
50代以上では51,1%

海外旅行については
60歳以上の割合が2011年で19,1%
このうち、
男性客だけでは19,5%となっており
29歳以下の17,7%を上回っていました。

カラオケボックスの利用客は
2011年では
65歳以上の利用客比率は 14,0%
5年前に比べ3,3%のアップだそうです。

東京ディズニーリゾートの来園者は
2012年3月期の調査では
40歳以上の比率は18,6%
これは、 5年前より2,4%のアップだそうです。

 

個人金融資産1,500兆円

その60%は60歳以上の世代が保有しています!

昨年の
この世代の個人消費支出額は
101兆円で 構成比44%にもなっています!

近いうちに50%に迫る勢いです。

これは、
新たなマーケットニーズの登場であり
既存の商品戦略は
大きく軌道修正を迫られることになるでしょう。

ここに、
次代の成長産業のチャンスが潜んでいるのではないでしょうか?

シニア市場向けの商品、サービスの開発

第二の人生を
再就職、起業のどちらを選択するにしても
この流れを的確に把握することで
新たな可能性に繋がっていくのは間違いないでしょう。

 

シニアを掘り起こせ

個人消費の30%が 65歳以上=いわゆる高齢者層です。

現在は40~59歳がトップではありますが、
近々トップ交代は必至でしょう。

今は
自分たちの嗜好にジャストフィットした
「モノ」「サービス」が ないから消費しない。
が、現状なのです。

シニアは
安さより、品質を重視します。
飲食にしても 内装や食材の質で店を選ぶ傾向が強いようです。

旅行にしても
多少高くともゆとりある観光プランや
出発や到着時間にも余裕あるツアー に人気が高まっているようです。

これまで若年層中心だったマーケティングを
今後いかに早く、的確にシニア世代に切り替えるのかが
企業にしても、個人にしても
大きな成功要因になっていくでしょう。

 

今回の件について、
詳しくお知りになりたい場合は
お気軽に連絡下さい。

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。
また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)