【今日のポイント】

 上記の画像は、
品川区が用意している「死後の手続き」のマニュアルと言えるものです。

 これによりますと
主な届出の内訳には以下のような項目が列挙されています。

1)死亡届

2)戸籍証明

3)住民登録

4)国保・後期高齢者医療保険・年金等

5)その他

補足)区役所以外への届出一覧

 全ての自治体と共通とは言えませんが、
身近な手引書として、主な箇所について以下に順番に解説していきます。

 

 

【死亡届】

・届出の期間(期限)

 死亡の事実を知ってから7日以内です。

・届出地
 死亡者本籍地
 届出人の所在地
 死亡した地
 
 この3つに該当する自治体の役場(市区町村役場)に届出をします。

・届出人
 死亡者の親族
 同居人
 家主
 地主
 後見人(保佐人、補助人含む)
 任意後見人

 届出が出来るのは上記に該当する人だけです。
いくら無二の親友であっても、該当しなければ手続きは出来ません。

・届出に必要なもの
 所定の届出書(これに死亡診断書をセットします)
 届出人の印鑑で朱肉を使う印鑑であること(シャチハタはNGです)

 届け出を受け付けした時には、
役場から「埋葬火葬許可証」が交付されます。
これを忘れずに受け取ります。

 品川区の場合、
この件の問合わせ先は「戸籍住民課戸籍届出係」です。

 

 また届出の際に、
住民票の写しや戸籍謄本(抄本)等が必要な場合があります。
念の為事前に何が必要になるかを確認することをお薦めします。

 

【戸籍証明】

 戸籍全部事項証明、個人事項証明
 戸籍(除籍)謄本、抄本

 上記は相続手続には欠かせないものです。
こちらは本籍地への請求となります。

 但し、現住所と本籍地が異なる場合、
現在の自治体が死亡届を受け付けてから
本籍地に死亡の連絡が届くまで若干の時間がかかります。

 ケースバイケースですが、
出来れば、提出後1週間前後はかかるとみていた方が無難なようです。
事前に窓口で一般的な所要時間を尋ねた方がいいかもしれません。

 この点からも、迅速な死亡届の提出が望まれます。

 品川区の窓口は、「戸籍住民課証明交付係」です。

 

【住民登録】

故人の住民票請求の場合、交付出来る要件があります。
 事前に確認するようにして下さい。

・印鑑登録証(カード)の廃棄
 死亡後は登録抹消となりますので廃棄します。

 上記の問合せ窓口は、品川区の場合は「戸籍住民課証明交付係」です。

・住基カードの返還
 戸籍住民課住民異動係に返還します

・マイナンバーカードの保管
 住基カードと異なり、マイナンバーカードや通知カードは
 その後の番号確認の為、手元での保管となります。

 上記の窓口は、品川区の場合は「戸籍住民課住民異動係」です。

 

【国保・後期高齢者医療保険・年金等】

・国民年金死亡一時金の請求~請求期限は2年間なので要注意です。
 
・寡婦年金、遺族基礎年金受給の手続き

・障害基礎年金の未支給年金の請求

 これらは品川区の場合「国保医療年金課国民年金係」です。

・老齢基礎年金、厚生年金の未支給年金の請求

・遺族厚生年金の請求

 これらは品川区の場合「品川年金事務所」となります。

・共済年金受給権者死亡届、未受給年金の請求等

 こちらについては「各共済組合」が窓口になります。

・介護保険証の返還

 問い合わせ先は「高齢者福祉課介護保険係」です。

・品川区国民健康保険証の返還

 窓口は「国保医療年金課資格係」となります。

・品川区国民健康保険加入者葬祭費の請求~請求期限は2年間です。

 窓口は「国保医療年金課給付係」となります。

・後期高齢者医療保険者証の返還

・後期高齢者医療保険加入者葬祭費の請求こちらも請求期限は2年間です。

 共に窓口は「国保医療年金課高齢者医療係」となります。

 

【その他】

・125CC以下のバイクの名義変更や廃車の場合
 「税務課軽自動車税担当」が窓口となります。

・区・都民税の納付
 未納がある場合は「税務課収納管理係」に問い合わせをします。

・飼い犬の登録事項の変更
 次の飼い主への変更手続きが必要になります。
 窓口は「品川区保健所生活衛生課」です。

・民有林を所有の場合
 「地域森林計画対象の民有林」の場合
 新たな土地所有者となった方は
森林法第十条七の2により、当該の市区町村への届出が必要です。

 「東京都森林事務所保全課」が窓口になります。

 

【補足】

 区役所以外の主な手続きについて

・普通自動車126㏄以上のバイク
  関東運輸局東京運輸支局

・軽自動車 
  軽自動車検査協会東京主管事務所

・運転免許証
  最寄りの警察署

・不動産(土地や家屋)
  東京法務局品川出張所、その他管轄の法務局

 

 以上、品川区の事例紹介でした。

 貴方が暮らす自治体でも、
こういったテキストが用意されているかもしれません。
関心がある方は一度当該自治体の窓口に確認されるといでしょう。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)