【今日のポイント】

 改正民法に関する話題の最終はこれまでも何度も紹介してきました
「配偶者居住権」と「自筆証書遺言の法務局の保管制度」についてです。

 なるべく今まで紹介してきた内容以外の注意点を採り上げたつもりですので
これまで紹介してきた内容と併せて参考にして下さい。

 

【配偶者居住権】

1)配偶者居住権の設定
 配偶者居住権は名義人が遺言書に記載しておくか
相続人間での遺産分割協議で設定が出来ます。

 ですがここで注意点があります。

 遺言書に記載する場合、配偶者居住権を「遺贈する」とします。
仮にその他の財産と同じように「相続させる」と書いてしまうと
配偶者居住権だけを放置したいと考えても、それは叶いません。
相続の場合で放棄するとなれば、全ての相続財産放棄しか選択出来ません。

 これに対して「遺贈」であれば他の財産に関係なく
配偶者居住権だけを放棄することが可能になります。

 

2)配偶者居住権の期間設定
 配偶者居住権は原則としては配偶者が死ぬまで存続します。
ですが、それより短期間での設定も可能なのです。
とはいえ存命中に権利を手放すケースなんてあるでしょうか?

 配偶者居住権の価値は配偶者の平均余命によって算定されます。
詳しい計算は省きますが、名義人の死亡時の配偶者の平均余命から
所有権者が完全に所有出来る際の所有権の価値を算定し、自宅全体の価値から
その所有権の価値を差し引いた分が配偶者居住権となるのです。

 配偶者居住権の期間を先に挙げた平均余命より短縮すれば
当然その分居住権の価値は低くなります。
低くなった分、相続財産をより多く手にすることになるのです。

 事情によって居住権より有形の財産を多めに欲しいという
配偶者の意向がある場合は、こういう選択も可能になります。

 

3)相続問題への対応策
 例えば名義人が先妻の死亡後に再婚し、
相続人が先妻の子と後妻となった場合、
配偶者居住権を後妻が、所有権を子がそれぞれ獲得すれば、
後妻は死ぬまで思い出の家に暮らすことが出来、
子は自宅という財産を将来的にはそのまま相続することが出来るのです

 特に主な財産が自宅のみというような場合に
この制度の活用で「より円満な」相続が可能になる場合が出てくるのです。

 故人としても後妻と実子の骨肉の争いを防ぐことになれば
文字通り成仏も出来るのではないでしょうか?

 但し、ここにも注意点があります!
仮に再婚した配偶者(妻として)がかなり年下の場合、
設定される配偶者居住権の価値は「高めの設定」となります。
この場合、所有権者(先妻の子)の遺留分を侵害し、
遺留分を金銭で請求される恐れが出てきます。

 義理の親子で会っても関係が良好であればお互いの協議によって
解決に至るのは容易でしょうが、そうではない場合はこのやり方でも
万全とは言えなくなるということです。

 

 

【自筆証書遺言】

1)申請者
 以前も紹介した通り、法務局へ申請出来るのは遺言者本人のみです。
本人が外出不可能な状態である場合は現状ではこの制度の利用は出来ません。

 

2)法務局による内容の確認
 今回の改正の注目ポイントである
法務局による自筆証書遺言の様式のチェック、

 これは、あくまでも遺言書の様式の確認です。

 遺言書の内容や相続人の人数や名前の誤記、
銀行名、不動産名などの誤記はチェック出来ません。
当然遺留分の侵害や財産の特定なども対象外です。

 遺言書の内容自体は従来通り自己責任という点に注意が必要です。

 

3)家裁による検認が不要
 自筆証書遺言の要件緩和のもう一つのメリットとして
法務局への保管により、従来必須だった家裁による遺言書の検認作業が
無くなる点が挙げられます。

 検認の場合、検認申立書の他に、相続人全員の戸籍謄本や、
遺言者の出生から死亡までの戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本等
必要とされる書類が多く、その取得に要する時間と手間が省けることは
大きなメリットと言えます。

 ですが、相続関連の手続きにおいて上記書類は必須なもので
検認が不要になったから全く取得に必要がなくなった訳ではありません。
各種の相続手続きに適用される「法定相続情報証明制度」でも申請時には
上記に挙げた書類等が必要とされています。

 検認の不要は「必要書類収集の二度手間は避けられる」程度の
メリットと捉えたほうがいいでしょう。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)