お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です。

前回の説明の中で
相続税率の点を省いていましたら
その点についての質問がありましたので、
簡単にまとめてみました。

繰り返しになりますが、
まずは基礎控除の算定です。

現行)
5,000万円+法定相続人人数×1,000万円 まで非課税。

改正後)
3,000万円+法定相続人人数×600万円まで非課税。

要は、固定部分も変動部分も現行の6掛けになります。

 

次に
相続税率計算式に移ります。

先に述べておきますと
相続財産の総額が 1億円以下の場合でしたら
この税率に関しては改定後も相違はありません。

1,000万円以下 ・・・ 10% 控除無し
3,000万円以下 ・・・ 15% ここから   50万円を控除
5,000万円以下 ・・・ 20% ここから200万円を控除
1億円以下    ・・・ 30% ここから700万円を控除

この先1億円を超える場合から変わってきます。

現行は
3億円以下 ・・・40% 控除額1,700万円
3億円超  ・・・50%  〃 4,700万円
の2段階でした。

これが改正後は
2億円以下 ・・・40% 控除額1,700万円
3億円以下 ・・・45%  〃 2,700万円
6億円以下 ・・・50%  〃 4,200万円
6億円超  ・・・55%  〃 7,200万円
と4段階に細分化されています。
問題は基礎控除の変更の部分です。

例えば、
相続財産が 総額7,000万円
配偶者と子供2人の3人が相続する場合を考えますと

現行では
5,000万円+3×1,000万円までが 控除対象です。
となると、控除枠が8,000万円で相続税は発生しません。

ですが、
改正後は 3,000万円+3×600万円で4,800万円までとなります。
差引2,200万円が相続税の対象となるわけです。

配偶者が1/2の1,100万円
子供が1/4づつの各550万円とした場合

配偶者分は非課税ですが
子の部分は(1,000万円以下 ・・・ 10% 控除無し)
に該当しています。
550万円の10%、55万円づつ 計110万円
これが子供に相続時の課税となるわけです。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)