【今日のポイント】

  私の周囲だけの話かもしれませんが、
最近の40代、特に前半の世代に
明確な差というか、違いを
感じることが増えてきたのです。

 ひとつは早くも定年後、または会社を離れた後の
人生設計に取り組み始めている目標設定タイプ。

 もうひとつは、今日紹介する気になるタイプです。

 

【30代で将来を見極めた!?】

 特にサラリーマンの中で30代半ばころから、
40代前半になる世代が自分なりの判断基準から
今の会社での昇進・昇格についての見極めを
しているケースが増えてきているようです。

 私自身の調べた範囲ではこの考えを
否定しなかった割合は、ほぼ半数でした。

 私自身、会社員は40代半ばになれば
ある程度社内でのゴール地点は想像出来るはずと
書いてきました。

 それがいつの間にか10年も早まってきた?! 
と言えるような状況なのです。

 但し、私の考えと大きく異なるのは
「だから、これからの人生をこうしたい。」
「第二の人生にむけての準備行動を起こしたい。」
といった「前を向いた見極め」ではないのです。

 

【見極めた理由とは?】

 なぜに早々に結論を出すのでしょうか?
その理由としては、概ね以下のようなものでした。

・異動先の部署の上司との相性が悪かった。

・実力を発揮できる部署ではなかった。

・社内政治(派閥への所属)を避けてきた。

・自己PRに不熱心だった。

・自分の実力を上司や人事部が見出せなかった。

 この様な理由を口にした後に
「自分は、不器用なんで…」と
かの名優ばりのセリフを口にした方もいました。

 他にも、

・旧態依然たる社風を改革したかった(でも守旧派の圧力に負けた)

・組織人に不適格な部下を押し付けられた(貧乏くじを引かされた)

・不採算部門にわざと異動させられた(上司の尻拭い役だった)

 といったもっともらしい理由、

 でも結局はこうなったのは他責だという
想いありきの口ぶりでした。

 彼らに共通するのは
「こうなったのは、全て自分以外の原因=他責」
であるという考えでした。

 無論、なかには

~組織人にあるまじき言動を繰り返してきた。

~部下の管理という能力には欠けていた。

~担当の業務で~期待された成果を挙げられなかった。

等など、自分自身の「不出来」が原因だったと
自責の認識のあるケースもありましたが
極めてレアケースでした。

 

【気になる今後】

 そして最も気になったのが
「でも、会社を辞める気はない。」
という点でした。

 口にこそしませんでしたが、
こうなったら、最後の最後までへばりついて
貰うものは貰いつくしてやる!?
という考えが透けて見えてくるのです。

 漫画の世界では「釣りバカ日誌」の
主人公のように平社員に固執して、
私生活を謳歌するスト-リーが
多くの読者の共感を得ていますが、
現実はどうでしょうか?

 

 早い時期に今の会社でのスタンスを見定めることは
決して悪いことではありませんが、見定めた要因によって
その後の過ごし方は天地の差になってしまいます。

 仮にこのまま管理職にはなれない、
ずっと専門職を続けていくことになると考えた場合に、

「今までと同じ勝手知ったる仕事を続けられて安心」
「このまま定年まで安定した生活が出来る」

と割り切ってしまうか

「もういい歳なのに未だに20代の頃と代わり映えしない毎日だ」
「このまま定年まで過ごすことが正しい選択なのか?」

と、自問自答するかで途は変わります。

 同様に
「責任のある仕事をしなくていいから気楽」なのか
「責任ある仕事を任せてもらえない屈辱」なのか?

「定時退社の毎日で、やることがない」なのか
「定時退社の毎日なので副業やセミナー受講の為の時間が取れる」なのか?

同じ現象でも意識の持ち方でいかようにも変化します。 

 

 先に書きましたが、
「こうなったら定年までしっかりお世話になってやる。」
「定時プライドを捨てれば、それなりの給与や賞与が保証される。」
「とりあえず会社の看板は世間に通用するから世間体は保たれる。」

 でも、心底には
「いつ人員整理のリストに載るかが不安。」
といった漠とした不安を抱えているのです。

 その不安は、恐らく現実化するでしょう。

 
 現在いろいろな分野で始まっている「働き方改革」によれば
今や会社勤めの場合には60歳は当たり前、65歳まで現役で働ける
社会環境に突入します。 

 今までのように、
それなりの「永年の奉公」に免じて
ここまで紹介してきたような人材でも
悠々と定年までを過ごせるような時代は
もはや期待出来ません。

 残業や休日出勤は厳しく制限される中、
今までと同じ、もしくはそれ以上の成果や生産性を
求められる時代なのです。

 非常に厳しい言い方になりますが、
せいぜい現状維持程度の成果しか期待出来ない人材が
このまま定年まで安泰に過ごすことが出来るのか?
限りなく不透明になっているのが現実なのです。

 人生90年時代の今、
40代から第二の人生の青写真を描くことを始めるべきと
ブログで主張してきましたが、40代前半で出した結論が
このまま定年まで会社にお世話になる?

 このような青写真が出てくるのは想定外でした!

 見切ったのであるならば、
より真剣に、自分の活躍の場を
今の会社以外の、どこに求めるかを
考えなくてはいけないのです!

 

 その活躍の場は転職なのか、
独立して開業するのか?
それとも、まだ間に合うのであれば
捲土重来を期して全精力を仕事に向けるのか?

 

 貴方がより適切な居場所を望むのであれば、
自ら変革の一歩を進めなければいけません。

 繰り返しになりますが、
人生90年時代となった現在において
僅か40代前半という、折り返し点にも達していないうちに
「諦観」の境地に入ることだけは、止めましょう!!

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)