【今日のポイント】

 今日は問い合わせが多かった相続のパターンについて
あまり聞きなれないパターンを中心に紹介していきたいと思います。

 代襲相続については聞いたことがあるかもしれませんが
数次相続、再転相続、相次相続

 これらについては、如何でしょうか?

 

 

【代襲相続とは?】

 典型的な事例で言えば、子供が親より先に亡くなった場合です。
被相続人が亡くなった時、その日相続人の子供が既に亡くなっており、
子供の子供である「孫」がいる場合に、被相続人である「祖父母」の
相続人となります。

 この孫を「代襲相続人」と呼び、「代襲相続」となるのです。
規定上では、さらに孫まで早世していた場合、ひ孫が存在していれば、
「ひ孫が代襲相続人」となります。

 

 

【数次相続とは?】

 代襲相続以上に複雑な相続になるのが、
「数次相続」です。

 例えば高齢の父が亡くなり、
配偶者である母と子供が相続を承認した段階で
今度は母が亡くなってしまった場合。

 配偶者に先立たれていた親が亡くなり、
子が相続を承認した後に亡くなった場合。

 以上のように相続は承認したものの、
遺産分割協議が成立しないうちに
再度相続が発生した場合を「数次相続」といいます。

 一代飛び越す形の代襲相続とは違って
相続の順番は通常の流れなのですが、
2回分の相続について同時に連続して
遺産分割協議をすることになる点が特徴です。

 事例に挙げた2例共、遺産分割協議が済む前の
死亡であれば、「父親⇒母親⇒子供」または
「親⇒子⇒孫」というように2回分の遺産分割協議が
同時に必要となる訳です。

 

 数次相続の場合、
遺された家族構成によっては
非常に複雑な手続きが求められます。

 例えば、
子供のいない夫婦の夫が亡くなった。
夫の母親はまだ健在だった。
夫の兄弟も健在だった場合。

 子供がいない為、夫の法定相続人は
妻と夫の母親です。

 遺産分割協議前に、母親が亡くなれば
母親の法定相続人は「母やの子供=亡き夫の兄弟」
となります。

 極端に言えば
冠婚葬祭以外に会ったこともない夫の親族が
一部とはいえ、夫の財産の「相続権」を持つわけです。

 

 また注意すべき点として、
数次相続の場合はこの後に紹介している再転相続と違って
一次相続は「承認」されている点がポイントです。

 仮に、祖父~父~子供の3人家族がいたとして
まず祖父が亡くなり、父が相続承認後
遺産分割前に亡くなってしまった場合・・・

 遺された子供は父からの相続については
承認か放棄かの
選択が出来ます。

 ですが、父が承認した祖父からの相続については
既に承認されている為、放棄が出来ないのです。

 父親に兄弟がいて父親以外は相続放棄していれば?
更に遺産は負債額が上回るような代物であったら?

 以上のように数次相続はいろいろな側面を持つものです。
その結果「争続」や「負債相続」等も発生する場合があるので
出来れば早期に専門家のアドバイスを受ける事をお奨めします。

 

 

【再転相続】

 再転相続とは、
数次相続と異なり「相続の承認が成される前に」
法定相続人が続けて亡くなった場合を指します。

 相続の原則としては
相続の発生から3カ月(熟慮期間)以内に
単純承認、限定承認、相続放棄
といった選択をしなくてはいけない。

 とされていますが、
その結論が出ないうちに(出さないままに)
法定相続人が続けて亡くなったケースを指します。

 具体的なパターンで言いますと
被相続人である父親が亡くなり、相続人は
遺された母と子供2人だった。

 父親死亡から1か月後に母親も急逝してしまった!
父の遺産相続については遺産分割協議を含め
何の行動も起こしていないうちの死亡だった。

 高齢の夫婦の場合には、
容易に想定できるケースですね。

 この場合、遺された2人の子供が
法定相続人であることに変わりはありません。

 

 再転相続の最大の注意点は
相続財産の中に多額の負債があった場合です。

 上記の例では子供2人は
まず父親の相続財産を調査し、
相続を承認するか放棄するかを選択するとともに

母親からの相続財産についても同様の
承認か放棄かの選択をすることになるのです。

 少し複雑な関係にしますと、
父親が既に亡く母親から相続を受けたのが
2人の子供のケースで、承認も放棄も選択しないうちに
子供のうちの一人が亡くなった場合は
妻帯者で妻子がいるのであれば、その妻子に
相続権が発生します。

 この場合は健在の子供と、亡くなった子供の妻子が
母親の遺産相続の対象になるのです。

 この場合、亡母の遺産の承認、放棄の選択をするのは
子供と遺された妻子ですが、遺された妻子はさらに
亡き夫の相続についても承認か放棄かの選択をしなくてはいけません。

 

特に注意すべきケース
 
レアケースではありますが、
仮に夫とその両親が旅行中に不慮の事故で亡くなった場合。
鑑定の結果、3人同時の死亡と判断されれば
「同時死亡扱い」となり、両親と夫の間に相続は発生せず、
妻は夫の両親の財産を相続することはありません。
~民法32条2より

 ですが、仮に両親は同時死亡、
夫は遅れて死亡したと判断された場合、
両親死亡時に相続が発生し夫は法定相続人となります。

 ここで再転相続が発生することになります。
両親の相続について承認、放棄の選択を示さないままに
夫も亡くなった訳ですから事実上選択する可能性が皆無であっても
発生するのです。

 ですからこの場合には妻には夫の両親と
夫の財産に対する相続権が発生することになり
3人分の相続に関しての決断を求められることとなるのです。

 

 再転相続の場合も素人判断で承認や放棄を決めるのは
非常にリスキーな一面がありますからこれも信頼出来る
専門家のアドバイスを受ける事を強くお奨めします。

 

【相次相続】

 これは、正しくは「相次相続控除」といい
相続税の控除に関する用語でした。

 これは仮に父親が亡くなり、母親と子供が
一次相続で財産を取得し、相続税を納付した後、
10年以内に母親も他界した場合、
当然ながら子供は母親の財産を相続で取得するわけですが、
短期間に2度の相続税納付となることで、相当な税負担を強いられます。

 この様な場合、
最初の相続(父から)から
次の相続(母から)までの期間に応じて
一定の相続税の控除が認められています。

これが相次相続控除と呼ばれるものです。

 我々世代のように子が50代から上の年齢で
70代、80代の両親が健在の場合等に
このケースが生じることが多いようです。

 またこのケースは、最初の相続に関して
手続きを完了している前提です(申告と納付)
ので、上記の様な相続に関しては関係はして来ません。

 計算式についてはこちらのブログを参照して下さい。
他にも各種ある控除項目についてもまとめたブログです。

相続税の控除

 

 以上、相続とひと口に言っても
相続の発生状況や発生順などによって
いろいろなケースが発生する事、お判り頂けたでしょうか?

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)