お元気ですか!
「ひとり暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽」
寺田淳です。

 

前回は「遺言の意義と目的」について述べました。

引継ぐ側の事を思えば、
早くに事前準備を始めましょうと。

では、皆が一様に同じ内容でいいのでしょうか?

また私自身を例にして話を進めます。
私は気楽な独身貴族です。
正月に自身の最新の身上書を書いています。

しかしその内容を具体的に誰に対してと
いう 形にはしておりません。

なぜなら、一人っ子で、
独身ですから
「相続してもらう人がいません」

両親の家系は共に先細りで
縁戚も少なく 法定相続人は 皆無です。

私のしている事はまだ 財産目録や
人生の軌跡を記しておくだけです。

では今、突然私に
人生の異動辞令が出たらどうなるか?

結論だけ言えば、
預貯金、家財、車等の財産の類は最終的に
すべて国庫に収められます(没収ともいいます)

菩提寺はありますが、連絡先をわかるように
しておかないと、下手をすれば無縁仏です。

メールは未読が山となり
フェイスブックの更新がされなくなる。
ブログも途絶える。

年賀状をはじめとする
時候の挨拶が途絶えます。
友人知人からは礼儀知らずと見做される。

事務所のほうも電話に誰も出ずに
評判がガタ落ちになり連絡が途絶える。
周りからは、最近不在のままと訝しがられ
あげくに夜逃げを疑われ・・・?

まあ事務所は、不在だけですからある意味
夜逃げと同じで済みます。

が、住居は?
詳しくは書きませんが、迷惑かけますよね。
管理人さんや隣の住人など等に。

年齢は関係ありません。

必ずこうなります。

何の手立ても考えてなければ。
十分な準備をしていなければ。

私と同じ、独り身の

私と同じ、一人住まいの

あなたの準備は、どうですか?

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)