【今日のポイント】

 何故かここ数年で増加した
同窓会の案内。

ただ旧交を温める為の集い…
もちろんその意味はありますが、
50代になると別の意味が生まれてくるのです。

同期会とは違う、その意味とは何でしょうか?

 

 

【50代から急増中!?】

 私の周りでは、50も半ばを超えたころから
なぜか学生時代のゼミやサークルの仲間による
同窓会のお誘いが増えているようです。

まさか、早々と「永の暇乞い」ではないでしょうが
私の例で言いますと、大学のゼミ、サークル、
高校のクラスメイト、サークル、
さらに私は学生寮に入寮していたので、
寮生のOB会もここに加わります。

 

 気の合う同士での付き合いは
これまでもそれぞれでありましたが、
間口を広げてのお誘いは初めてでした。

 ここからは勝手な想像ですが、
多くのメンバーは会社勤めでしたから、
そろそろ定年後の過ごし方を
考え始めたのかもしれません。

定年なり、早期退職なりで会社という
今まで唯一最大の社会との接点であり、
「絆」を失った後、どういった形で
社かと繋がりを持ち続けるか?

この点を考えた結果がこのような現象に
繋がったのではと、思いました。

 

【会社の同期会との違い】

 さて、会社勤めの場合は
当然ながら、同期入社のメンバーは
ごく一部を除いて一斉に会社を離れます。

 以前の会社の同期入社のメンバーとも
既に私が退職して7年以上経ちますが
以前と変わらない付き合いをしているメンバーや
節目の年には泊りがけの同期会を行っています。
前回の還暦同期会では約30名が全国から参集し
賑やかな時間を過ごしました。

定年まで勤め上げたメンバー、
私のように早期退職に応じたメンバー、
それ以前に早々と第二の人生に進路変更したメンバー
等など、いろいろな進路に進んでいます。

 

 同じように気の置けないメンバーとの語らいですが
同窓会と同期会の違いがそこにはあります。

会社の同期会の場合、基本共通する話題は
会社を軸としたものになるのが自然です。

全員が50代で殆どがまだ現役社員の場合ならなおさらで、
その時には早期退職して再就職や転職したメンバーは
圧倒的に少数派で、話題も自分たちが離れた以降の
会社の様子や同期の活躍などに集約されていました。

 

 「同じ釜の飯を食った」連帯感、一体感の
思い出に浸るだけで良しと考えるのであれば
それはそれで構いませんが、既に会社を離れた身に
いつまでも過去の思い出を語り合うだけに集うのは
いかがなものでしょうか?

現役社員ながら、次の人生を託す仕事探しを始めている、
既に会社を離れ、起業・独立を果たしている、
若しくは独立を果たすのが目前である等の場合、

同期会の集まりから得られるものはあるでしょうか?

 

 これが、学生時代の同窓、寮生等の集まりであれば
皆それぞれが選んだ社会に進んでいき
自分とは異なる経験を重ねた人生を歩んできたはずです。

その中には、貴方がこれから踏み込もうとしている業界で
既に活躍している先輩がいるかもしれません。

再就職を考えている業界でも
起業・独立を目指す業界でも

経験者との会話は何よりの参考書です。

 

 加えて、勝手知ったる仲間であれば、
遠慮なく初歩的な質問や、考えを
述べることが出来るはずです。

面識のないその業界の先輩に問うのとは
雲泥の差ともいえるでしょう。

 

 

【有意義な過ごし方を考える】

 「何もそこまで計算して参加しなくても」
そう思う方がいても当然ですが、
既に50代も半ばを過ぎたのであれば、
過去ではなく
将来の為に有意義な出会いや
集まりの場への参加を
心がけるべきです。

 さらに、おひとり様の場合は、
特に外部との繋がりを深め、拡げる為の
最も容易で、かつ確実な方法と言えます。
わが道を行くのもいいでしょうけど、
情報は多い方が、選択肢は数ある方が
いいに決まっていますね。

積極的にこのような場に参加して、活用するべきです。
またはおひとり様の身軽さがあるのでしたら
自らが発起人となって行動を始めるのもいでしょう。

 

 定年までのカウントダウンを自覚した時から
時間の使い方と、使う場所の選択には十分吟味が
必要になります。

過去を懐かしむのもいいですが、
まだまだ現役で働くという選択をしたのであれば、
その時間を新しい出会いや、好機獲得の為に
向けていくことを検討しては如何でしょうか?

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)