【今日のポイント】

 長年住み慣れた我が家~持ち家を相続させる、相続する場合に
お互いが確認しておく事、準備しておく事とは何か?

相続させる相手がいない「おひとり様」にも
当てはまる「イエの後始末」に不可欠な5項目を紹介します。

 

【生前処分の選択】

 一人暮らしの親が病気や事故の為に
施設に入所、または長期の入院が必要になった場合、
わが家がずっと空き家になってしまう。
子供たちも独立しており、実家を使う可能性は無い。

あるいは、長年住んでいたおひとり様が同様の理由で
家を空けざるを得なくなった場合に、
思い切って家を処分するという選択を考慮すべきです。

 

 親子間の相続で、最近問題化しているのが
「郷里の実家」の扱 い なのです。

子供たちの生活圏から遠く離れていたり、
仕事の都合で暮らせない場合、
空き家と化した実家を相続するということは、
毎年の固定資産税や都市計画税の負担、
家の保守・メンテの義務、老朽化してくればその対策と
「出費だけを生む財産」~不動産ならぬ負動産となります。

形は違いますが、現在一人暮らしをしている
「おひとり様」の場合も、自分名義の不動産を
自分の死後、どう扱か?後始末をしてもらうのか?
して欲しいのかを考えておきませんと、
周囲に多大の迷惑をかけることになります。

 

 老夫婦二人、あるいは一人、おひとり様が
暮らすには「広すぎる」と感じ始めたら
現状の生活規模にフィットした住まいへの転居を
考えてもいいと思いますし、
先に挙げたように、復帰の目途が立たないような場合は
自分の意思が表明できるうちに、売却を視野に入れた
始末について、検討を始める必要があるのです。

 

【自宅診断】

 上記に取り上げたような状況でない場合でも
現状の自宅情報については詳細を調べておくべきです。

・不動産としての評価額
・固定資産税・都市計画税の額
・内装・外装の状態~前回補修を実施した年月日など
・特に水周りの現状と補修の実績など

 

 親から相続する場合に「相続後の発生費用」
事前に知っておけば、相続の是非について
客観的な判断の為の具体的な根拠になります。

同様に、もう一つの相続後に考慮すべき費用
として、保守・メンテを想定すべき範囲が
事前に推計できます。

現時点での「イエの診断カルテ」を
用意するのは、相続させる側の責任と言えるのでは
ないでしょうか?

 

【権利関係等】

 基本中の基本ですが、土地や家屋に関する
権利関係も正確な情報を伝えるべきです。

・実は借地や借家ではないのか?
・権利関係を証明する権利証等はどこに保管してあるのか?
・権利証の名義は間違いなく自分に変えてあるか?
・隣家との境界線は全て明確になっているのか?

 

 子どもが調べても問題はありませんが、
本来は相続財産(である不動産)に関する情報として
親の側が用意すべき内容です。

調べた結果、実は祖父からの相続時に
名義変更をしていないままだったという
事実に初めて気付いたという例もあります。

隣家との境界線争いを長年続けてきたという
事実を相続後に知ったという例もありました。

前述したイエのカルテと併せて
親の側が担うべき後始末の仕事です。

 

 当然ですが、イエ持ちの「おひとり様」は
将来発生必至な受け手のいない遺産に関する
正確な情報を遺す義務として担うべき後始末です。

【スリム化】

 一人暮らしなのに、家の中には
それまでの家族が暮らしてきた時点の
家財や家を出て独立した子供が置き去った
私物等が残っている。

自分の持ち物の中でも、
もう使い道のない衣服や、
仕事に関する資料、
止めて久しい趣味の品々等が
散乱しているというケースは少なくありません。

何の予備知識もなく家財ごと相続した場合に
これらの処分には相当な時間と労力を要します。

 

 予備知識のない子供たちからすれば、
一点一点中身を確認しない事には
重要な思い出の品を処分してしまうのではと
作業に慎重になるのは当然のことです。

おまけに勤めの合間に実家に戻り
この作業をせざるを得ないとなれば、
遺品整理だけで半年以上かかるケースなど
ざらにあるのです!

せめて1年ごとに身の回りの品々のスリム化を
習慣づけておきましょう。

 

 当然ですが、おひとり様の場合も
全く同じ理由から、「断捨離」を
習慣としたいものです。

【連絡先の明記】

 これは「イエ」自体というよりは
イエに付帯する情報の整理という意味になります。

特に相続し、そこで暮らす場合等には
イエに関連する情報は今後も続けるのか、絶つのかの
判断材料にもなるので、やはり相続させる側の仕事として
まとめておく必要があります。

・各種公共料金の振込・引落に使用している金融機関名、口座名
・上記に関して振込か引落かの支払い方法の明記
・地域のローカルルール(ゴミ出しのルール、町内会の義務)
・自治会の連絡先、役員名
・参加サークル(があれば)の名称や連絡先等

 

 以上の5項目は最低限知っておくべきであり
知らせるべき内容です。

これ以外でも、未だ子供に伝えていなかった
イエにまつわる情報等がありましたら
早急に情報の共有化を図りましょう。

 

 これらの記録先としても
エンディングノートやライフプランノート
は、最適なツールと思いますし、
遺言ではないので肩肘張らずに
ある程度時間をかけて準備が可能です。

いかがでしょうか?
一気に書き上げるのではなく、
分かる範囲、やりやすい箇所から
記録していくことから始めてみませんか?

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)