【今日のポイント】

 今日のテーマは一人っ子でかつ、
おひとり様の貴方が対象です。

既に片方の親を亡くし、親一人子一人の場合
葬儀という課題は2回にわたって発生します。

親の葬儀と将来の自分の葬儀
今からでも考えておく必要があるのです。

【親の葬儀】

 最初の親の葬儀がまだ若い頃の場合は
遺された配偶者が喪主となり葬儀を執り行う為
子供たちは主な手続きにはノータッチという例が
多く、殆ど無知な状態と言っていいほどでした。

 親が高齢になってからの葬儀の場合は
式自体の取り仕切り役は子供世代になってはいましたが
生前に葬儀のやり方や知らせて欲しい友人知人の類は
配偶者に託しているケースが多く、親個人に関連する
情報については遺された配偶者任せというのが殆どでした。

 

 親一人子一人になったのだから、遺された親に
葬儀に関連するあれこれについて聞き出すとか、
意思の確認をするといった働きかけをしなくては
次の看取りの際に何をどうすればいいか、
何を望んでいるかを知らないままに式に臨むことに
なってしまいます。

 特に悩みの種となったこととして挙げられるのが
「どの様な葬儀なら親は満足するか?」でした。

故人が生前社会的地位が高かったとか、
地域の顔役で幅広い人脈を持っていた等の場合
「世間体」という障壁が立ちはだかります。

 

 ドライに割り切れば、葬儀はあくまでも
生者の為の儀式と言えます。
ですがそれで割り切れないのがこの問題の
難しいところです。

無駄な出費はしたくない、
でも故人に恥をかかせたくもない・・・
葬儀にはいろいろな様式がありますが、
最近では故人の親族とごく親しい友人の一部が
参列する「家族葬」が増加しています。

家族葬とはごく簡単に言えば、
「会葬者を排除した葬儀」です。

さらに、家族葬からさらに儀礼的要素や
宗教的要素も排除した「直葬」も
目立ってきています。

文字通り、火葬後の遺骨をそのまま
墓地に移送し、埋葬してしまう様式です。

当然、葬儀自体の費用しか発生しない訳ですから
一般的な葬儀と比べ、家族葬、直葬は
大幅な費用の削減となるのです。

 

 とはいえ、親の兄弟姉妹が健在な場合や
古くからの友人・知人からすれば
釈然としないのも事実でしょう。

下手をすれば「親不孝者」と蔑まれる危険も
無いとは言えません!

 

 このような事態を招かないためにも
事前に当人の意思を確認しておくことが
求められるのです。

当人の口から「直葬で」と言われたのであれば
結果的に陰口を言われたとしても、
親との間の合意があったという事実で
心が乱れることはないのですから。

 

【おひとり様の葬儀】

 さて、両親を看取った後、
天涯孤独な身の上になったあなたが
貴方自身の葬儀について考えることは

自分で自分の最期を如何に執り行うか?

 この一点に尽きます。

死んでいるのだから、後は野となれ山となれ・・・
でいいのでしょうか?

特に、頼れる親戚もなく同居するパートナーもいないといった
正真正銘のおひとり様の場合、最後の最後に周囲に対して
マイナスイメージをまき散らしていくのでは何ともやり切れません。

自分が入る墓地があるのかどうか?
菩提所の名称や所在地、連絡先は?
葬儀を行うのか、行うのであればどの様式で?
葬儀の参列して欲しい人物はいるのか?

必要事項は前記の親の場合と変わりはありませんが、
それを誰に託すかが課題になってきます。

 

最大の課題は、自分の最期を誰に取り仕切ってもらうのか?

これを生前に決めておくことでしょう。

信頼に足る友人でしょうか?

事後を託せる専門職でしょうか?

この点は年齢に関係なく、おひとり様として
生きている全ての老若男女に当てはまる問題なのです。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)