50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。

貴方の目指す第二の仕事は再就職、転職? それとも起業・独立?

  • HOME »
  • 貴方の目指す第二の仕事は再就職、転職? それとも起業・独立?

60才まであと10年。
還暦までも10年です。

公私共、節目を迎える訳です。

 

 

 

  残すところあと10年の会社人生、
いやでもゴールというものを意識するでしょうし、
実のところ、ほぼゴール自体見えているはずです。

 

 ごく一部の方は
その後も会社の経営陣に名を連ね、
生涯現役で全うするケースもありますが、
大半は会社を離れ、又は今の地位を離れて
新しいポジションで仕事に向かい合うこととなります。

 

今50才の貴方は10年後、
どういう仕事をしているか想像出来ますか?
又は想像したことはあるでしょうか?

 

・今の会社でとりあえず籍は置いており、働いている?
・子会社、又は関連会社に転籍して働いている?
・自分で転職先を見つけ新天地で頑張っている?
・宮仕えは卒業し、自分で開業している?

 

 私の調べた範囲では、残念ながら上記に該当する回答は少数派でした。
再就職でも、転職でも、開業でもなく、多くを占めた回答とは?

・まだ何も考えていない。
・そんなことは(今は)考えたくない

 確かに、まだ10年という期間があります。
でも、あと10年しかないとも言えるのです。

この意識の差は、10年後には大きな差となって貴方の前に現れてくるのです。

 

50才の棚卸】

人間は誕生して20年後に成人式を行います。
20才で漸く社会からとりあえず一人前と認められるのです。

 その後サラリーマンの途を進めば
入社して20年後には40代、新人から若手、中堅と
キャリアを重ね、管理職という形で「社内で一人前」と
認められることとなります。

 脂の乗った40代から20年後の60才で
会社内での役目はひとまずお役御免となるのです。

 

 私は入社から20年間という期間は
いろいろな経験を積む機会を与えられ、
業務に必要な教育を施され、
仕事の責任を代わりに負ってくれる。
いわば、お世話になっている期間と考えます。

そして40才からの20年間は、いわば「恩返し」
これまでの会社からの投資分に見合うだけの成果を
会社にリターンすべき期間と捉えています。

 しかしながら現在は50歳前後から「役職定年制」が
多くの企業で導入され、会社が期待するリターンの
認定期間・賞味期限が半減してきたのです!

この結果、50才からの10年とは、
既に第四コーナーに突入し
ゴールまでは一直線、
駆け抜けるだけの段階になったと

言えるのではないでしょうか?

既に着順もコース取りも固まってしまう直線コースに入っては
出来ることはごく限られたものになります。

焦点は 直線コースに入る前までなのです。

 

 「50才の棚卸」と私は言いますが、
入社以降ここまでの
会社人生を顧みて、
どういった業務に就いてきて

どういった成果を挙げてきたか?
その中から何を学び、習得出来たか?
その結果を次の業務に活用することが出来たか?
又は出来なかったか、それは何故か?

 主観的判断ではなく、実績・成果ベースでの
客観的な「自己勤務評定」をするのです。

そこから、見えてくるものがあるはずです。

 

自分が得意なことは何か?

自分が出来ることは何か?

自分がやりたいことは何か?
自分が好きなことは何か?

 

そしてこの4項目に共通する大前提は、

 それで食べていけるのか?

 なのです。

 

好きな事であっても得意とは限りません。
食べることは好きでも料理が登記とは言えませんね。

出来る事であっても好きな事とは限りません。
接客が上手くても人付き合いは苦手という例があります。

法律関係の仕事に就きたくとも
ひつようとされる資格を取得していなければ、仕事には就けません。

 

まずは自分の第二の人生を託すべき仕事の基軸は何にするのか?

貴方には上記4項目をクリアするだけの目標設定が出来ているでしょうか?

 

【10年間の猶予期間】

 さて、第二の仕事で「食べていく」為には
今、何をすべきなのか?

 人生80年時代と言われています、
でも今の50代が定年を迎える頃には
人生90年、100年時代に突入!

もあながち大げさではなくなっているかもしれません。

 そうなれば定年を迎えてからでも
あと約30年前後の生活が続くのです。

この間の生活の糧をどういう仕事で確保するのか?
それも自己責任による自己判断で選択することになるのです。

30年・・・ まさに新人から50才までの期間と同じです!!
漸く人生の折り返しに辿り着いたに過ぎないのです。

 

こういった決断の時期を迎えても

~今の会社の慣例で子会社に再就職は出来るから、当面は心配しなくていい。
~実は、定年前に転職を考えている。
~宮仕えは1回で十分、次は起業を目指す。

あまりに具体性に欠けたままで現状を容認しているのです。

改めて問いかけてみます。

 

・子会社や関連会社に再就職出来たとして何才まで勤められるのか?
二度目の定年を迎えたら、その後はどうするのか?

・同様に、転職活動が功を奏して転職を果たした場合でも、
その会社には何才まで勤めることが出来るのか?

 どちらの場合も70才以降のライフプランはどうするのでしょう?
これも70才になってから考えるのでしょうか?

 では起業・独立を目指すのであれば
それは今の仕事の関連、

その延長線上にある仕事で考えるのか?

全く畑違いの新分野に進出するつもりなのか?

その為の準備は何時から、
どのように始めていくのか?

又は始めているのか?

この様な想定を真剣に考えるのであれば、

10年という時間は決して長いものとは言えないのではないでしょうか?

 

 

特に最後の「起業・独立」で第二の人生を始めると言うのであれば

 

自分が得意なことは何か?
自分が出来ることは何か?
自分がやりたいことは何か?
自分が好きなことは何か?

改めて考えなくてはいけません。

その次に

得意なことで起業・独立するのか?
出来ることで起業・独立するのか?
やりたいことで起業・独立するのか?
好きなことで起業・独立するのか?

までに落とし込んでいくことになります。

 

漠然と、独立開業して食べていく。

で済む話ではありません。

 

 

 私自身、ブログ等のプロフィールで書いていますが、
会社の看板を外された自分に自信が無かった私は
まずは公的資格を取得することで「命綱」を確保しました。

 結果として定年まで会社に残ることはなく、
52才で早期退職に応じたのですが、退職前の1~2年は
常に問題意識を持って仕事に従事していましたし、
退職後もほぼ2年をかけた後に独立・開業を果たしました。

 

 開業して3年目からは幸運にも恵まれて
何とか
軌道には乗ったのですが、これでも
「遅すぎた決断」
と考えています。

今思えば、50才で独立・開業すべきでした。

 仮に60才の定年後に資格取得を目指し、
1,2年かけて
勉強し、合格したとして
既にその時は62才です。

 そこから自営業を始めるとなれば、
軌道に乗るには
後何年かかることになるのか?

それ以前の問題として、
60歳過ぎて時間的余裕は出来ても

早期合格に至る学力を身に付けることは
可能でしょうか?

 今の自分の年齢で、
これから新たに第二の人生を託す仕事を選ぶとすれば

資格取得が前提となるような仕事は選択しないと思います。

 

 このサイトでは、
起業・独立に関しては私自身の経験を踏まえた

同年代だから見えている必要な準備や備え、
心構えといった起業する事の
是非からの
アドバイスを始めとした最新の転職事情から
雇用環境まで、
シニアの仕事環境全般を扱います。

 

 

◇ まずは相談して下さい!

問題解決に向けての第一歩は

「相談する。」ことです。
 
 どんな問題でもそうですが、
50を超えたいい大人が
個人的な問題に悩み、
解決出来ないとはいかにも情けない!

もう少し考えれば、
良い解決策やアイデアが湧き出てくるかもしれない?
あと少し、もう少し時間をかければ…
結局はさらに無駄な時間と労力を空費するだけというのに…

実際に(万策尽きて)相談に訪れた方に伺ったところ

~こんな相談を誰にすればいいのか?
~こんな相談をすることは恥ではないか?

といった理由でここまで時間を費やしたそうです。

 

そして、相談した結果は

~こういう相談先が身近にあったなんて!
~とにかく第三者に話すことでこんなに気が楽になるとは!

そして

~もっと早くに(相談という)行動に移せば良かった・・・
という結果に行き着いています。

 
「こんなことを相談してもいいのだろうか?」
等と思わないで、まずは連絡を!

 初回の相談に関しては内容を問わず、
無料サービスとさせて頂いております。
どうぞ遠慮なく、お気軽にご連絡下さい。

 
無料相談のサイトは コチラから

 

 
◇ ブログの閲覧もどうぞ

 いきなり相談にはまだ抵抗がという方は
どうぞ私のブログを御覧下さい。

 行政書士としての本業である
相続、遺言、後見から改葬までを扱ったブログに加えて、
サラリーマン時代に培った営業力強化に関するブログや
自身の実体験に基づいた脱サラ・資格起業に関するブログ等など
バラエティに富んだブログを随時更新しています。
 
この文章に続いて、テーマに関連したブログを
投稿順に紹介していますので、コチラをご覧いただいてから
相談するかどうか決めてもらって構いませんので、
宜しくお願い致します。

 
 また、その他のブログについては以下のリンクから
確認が出来ますので、こちらも宜しくお願いします。
 
 
「50代からの先憂後楽」の最新ブログはコチラから

独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

お悩みごとの無料相談ダイヤルはこちらから TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP