50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
  • 一人で悩まず「相談」から始めてみませんか?相談屋ドットコム
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

50代は、公私にわたって人生の大問題と対峙する年代です。
そんな重大問題を貴方は一人で抱え込んでいませんか?

 

 人間は年齢や性別に関係なく、その時々に応じて
様々な課題や問題に遭遇し、その解決や打開に向けて努力します。

学生には学生の、社会人には社会人の
会社員には会社員の、自営業には自営業の
それぞれの悩みを抱えているはずです。

 中でも、私と同年代に当たる「50代」には
公私にわたって極めて重要な決断や行動を求められる
問題や課題が集中してくるのです。

 

既に問題に直面しており、
日々解決に向けて悪戦苦闘している50代の方も少なくなく、
私がこの手の問題に関する相談を受ける年代も圧倒的に50代です!

このブログでは、そのような問題を3つのテーマに集約しています。

1)親と自分、自分と配偶者や子供、両方の立場で発生する「相続・遺言」
に関する問題

2)カウントダウンに入った定年を控えて第二の人生を託す第二の仕事選び
に関する問題

3)上記2つ以外に想定される主に親子・兄弟・夫婦 に関する問題

 

 具体的にどういった問題かについては、それぞれのサイトで紹介していますので
詳細はそちらを参照して下さい。

 

 ただ、共通することは

今までの人生では体験してない問題」

「気軽に(家族や親族を含めても)第三者に相談出来ない問題」

という点です。

 その結果、多くの場合は
「にっちもさっちも行かなくなってから」
相談に出向くというケースになるのです。

 

皆さんはなぜ、。もっと早くに、相談しようと思わなかったのでしょう?

 

「この程度の問題は、50代なら自分の力で解決しなければいけないのだ!」
「50にもなって人様に頭を下げて相談なんて、管理職たる自分のプライドが許さない!」
「今更こんな悩み、相談したらきっと笑われるに違いない!」
「親類縁者にはどう宛も相談出来ない、かといって他に相談に足る第三者もいない…」

 私からの問いかけに対しての回答は、概ね上記のような理由に集約されます。

 

 結局、相談における厄介な障壁は、

・自分自身の見栄、世間体、プライド
・身近に気軽に、安心して相談出来るような人脈を持っていない。

この2点に絞られました。

 

 人間という生き物は、
「他人の相談に乗る」「他人から頼られる」
ことにはある種の快感を?を感じますが、
「相談する」「他人に頼る」
ことには強い抵抗を覚えるようです。

 

では、世間では具体的にどういった悩みに直面しているのでしょうか?

 

 ここに内閣府がまとめた衝撃的な調査データがあります。

この一年間にあった悩み。内閣府「地域における相談ニーズに関する調査」から引用

 調査対象は20代から50代の男女でしたが、
男性の場合、全ての年代で「仕事に関する悩み」がトップとなっていました!

続いては自身や家族の健康問題、
そして相続に関する問題が50代の悩みの上位を占めていました。

 さらに私の目を引いたのは

なんと60%の方、即ち5人に3人は
一人で抱え込んだまま未だ解決に至っていない!
という調査結果でした!

 なぜ一人で抱え込むのでしょうか?

調査に拠りますと

・独居の為に身近に相談出来る家族・親族がいない。
・会社以外に地域や社会との繋がりを持っていない為、
 身近に相談出来るような知人や友人がいない。
・これらが原因で、相談先が分からない、見当たらない。

 さらに厄介なことに、身近に相談出来るような相手がいても

・やはり他人には知られたくない。
・(特に)近所や知人友人には知られたくない。
・こんな問題も一人で解決出来ないダメ人間と思われるのでは?
・どうせ相談しても解決は出来ないと半ば諦めている。
・過去に相談したものの、嫌な思いをしたことがある。

 問題解決に至らない理由として、この様な調査結果が出ていたのです。

 まさに冒頭に書いた「なぜもっと早く?」という相談者に対する
私の疑問への答えが、内閣府の調査と一致していたのです!!

 会社経営に参画しているような
社会的地位にあるエリート50代でも
人生経験豊富な、百戦錬磨の50代でも
ひとりでは解決に至らない問題や悩みがあるものなのです。

身近なところに気軽に相談出来るような相手がいたら?
貴重な時間や労力をもっと前向きなことに活用出来たら?

 

「50代からの先憂後楽 ~相談から争断へ」

 

 このブログでは貴方と同じ時代を生きている
脱サラ行政書士が自ら直面した問題や悩みを始めとして
50代になったら考えるべきこと、備えるべきことについて
3つのサイトで紹介しています。

 

こんな悩み、どこの誰に相談したらいい?
と思っているのでしたら、まずはブログを御覧下さい。

 

きっと貴方の問題解決に役立つきっかけを見出せると思います。

 

 

寺田淳行政書士事務所
行政書士 寺田 淳

⇒50代からの先憂後楽  寺田淳のプロフィールはこちらをクリック!

⇒これまでの相談ブログはこちらをクリック!

ブログ

自筆証書遺言と公正証書遺言 法改正後はどちらがお奨め?

改正相続法で使い勝手が向上したと言われる自筆証書遺言ですが、なお課題が残っていることについて、公正証書遺言との比較を交えて紹介していきます。

ご注意下さい! 親族=相続人ではありません

 今回の法改正で配偶者から相続人に対して特別寄与料の請求が認められるようになりますが、よく理解しないままの対応を考えるケースがありましたので事例を紹介しつつ、制度の詳細につぃて簡単に紹介していきます。

定年後は「今の会社で再雇用」と考えている貴方へ

定年後の仕事について、圧倒的に多いのは今の会社での再雇用、又は雇用延長だそうです。ですが、それもせいぜい5年前後の限定的な仕事ということ、その後は改めて再就職や独立と言った仕事探しを強いられることに認識が不足しているようです。 再雇用後の再就職や転職、独立に関して認識しておくべきことをまとめてみました。

大丈夫ですか? 貴方の終活意識

最近の調査で50代60代の終活への意識が低い点、特に男性に顕著な理由として、定年後の第二の仕事に関心が集中しているからではと思い、その危険性を紹介し、第二の仕事は定年後は「終の仕事」に就くと考えれば、立派な終活であり、この終活以外の終活をいかに早くから始められるかが重要な課題としています。

「6030 → 8050」 問題とは?

6030問題、8050問題 4ケタの数字は何を示すかと言えば、60の親が抱える30の子の問題であり、50の子が心配する80の老親の問題でしたが、ここに来て新たな8050問題として挫折した50の子を抱える80の親世代の問題が目立っているのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP